支援内容

具体的な例 (たとえば・・こんな事例です)

 本人の状況の変化
(最初の相談) 失業していて、将来像が描けない・・・
 当センターで、下記のような関与を行います。
・全体的な問題の把握
・および支援方針の決定と本人との問題を共有
・優先課題である住居と医療、多重債務整理のための環境を設定
・各種窓口への同行、コミュニケーションへの補助
徐々に精神が安定し、気持ちが表にでてくる

 
当センターでは継続的に下記のような関与を行います。
・定期的な本人の状況確認とフォロー
・本人の状態・意欲に応じた新たな目標設定(生活リズムと気持ちの安定)
・新たな支援の環境設定
・定期的な本人の状況確認とフォロー
 働きたい希望がでてくるが・・まだまだ働くことに不安がある
面接にも自信がない
 当センターでは継続的に下記のような関与を行います。
・定期的な本人の状況確認とフォロー
・就労の意欲と不安に対応した支援策のコーディネート
・支援機関での情報共有、医療危機への確認
・受け入れ先との連絡・調整
 就職決定、自立へ 

当センターでは、軌道に乗るまでのフォロー、見守りを継続します。

まずは、当センターや関連機関にご相談ください
問題の詳細をお聞きし、検討の上相談を開始します。あなたの近くまでこちらから出向くこともできます。
連絡方法は、
1.電話 (0126-25-5200)
2.メール(linksoudan@iwa-link.net)
3.来所 (岩見沢市3条西3丁目2-1