情報商材サイトを運営する目的

情報商材サイトを運営する目的

更新日:

情報商材サイトの中でも返金を求める声が多いのは、副業や投資に関するものと言われています。
副業解禁や将来の年金問題などが影響しているのかもしれません。

ここでは、運営者側の視点による、情報商材サイトを運営する目的を推察していきます。

情報商材サイトを運営する目的①金銭

情報商材サイトに限った話ではありませんが、金銭を稼ぐことを目的とするものは少なくないでしょう。

問題視されるのは、金銭を稼ぐというよりも、騙し取る⇒詐欺を目的としているサイト運営です。

情報商材サイトを運営する目的②アフィリエイト報酬

情報商材サイトに登録したユーザーを、海外の仮想通貨取引所や、FX会社などの口座開設をさせ、アフィリエイト報酬を得るパターンもあるようです。
情報商材の販売と合わせると、大きな利益が得られる可能性があります。

情報商材サイトを運営する目的③セミナーへの参加を促す

情報商材サイトによっては、開催するセミナーへの参加を促すものも見受けられます。
セミナーの参加費用が高額に設定されており、その割には乏しい内容というのが共通するかもしれません。

情報商材サイトを運営する目的④個人情報収集

個人情報収集も、情報商材サイトの運営目的として考えられます。

集められた個人情報はリスト化され、個人情報を買い取る業者や、他の情報商材などの関係者への販売や拡散に使用される確率が高いでしょう。

もちろん次の情報商材を販売する際の、お客様候補に含まれるのは言うまでもありません。

-情報商材サイトを運営する目的

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.